スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

行進

 久しぶりにブログを更新。

なんだかんだで世の中に何かを発信するツールが増えてて。。。
ついさっきまでものすごーく、言いたいことがあったんだけど
すっかり忘れてしまった。
便利なものだ、金麦って。

人はほどほどに何かを忘れて生きていくのがいいと思う。

ん?なんだっけ?何がはなしたいんだっけ?

「ラブレター」
| 日記 | 00:06 | comments(1) | - | pookmark |

青と白で水色

 夏休みが終わります。
年々何もしない日が続きますが、それなりに色々とやっていたりします。
そんな日々が続いてます。

久しぶりにブログ更新。
なんせ、他のツールが色々あって
そう長い文章を書くこともなくなりつつありんす。

仁義なき戦いを見ました。
やはり、日本映画の中でもずば抜けているんでしょうか
1〜5が初期作品で、どれもこれも素敵でした。
何がすごいって、本当に仁義が在りません。
ただただ、それだけです。
裏切り、だまし討ち当たり前。
戦後日本の泥臭い中で色んな人が色んなことを考えて生きてきたんだなと。
菅原文太さんがなぜリスペクトされるのか良くわかりました。
かっこいいです。
地味に抗争するのから派手などんぱちまで。

お世話になりました。

「たとえばぼくが死んだら」
| 日記 | 01:36 | comments(0) | - | pookmark |

悟り

 よく聞け、ほんとに。
日本人は治安とか、水とか、タダで手に入ると思ってるなんて言うな。
日本人は高い金を払って手に入れてるんだお。

その日本人はどうやって高い金を稼いでると思う?
たかだか極東に位置するイチ島国が、
一番ではないにしても、五本の指に入るのは何でだと思う?
神風でも何でもないのよ、それは。

戦後から蓄えたリードは90年代初頭から一気にすべて使い切ったよ。

リードは守るためにあるのではなく、広げるためにあるのだよ。

「Rape me」
| 日記 | 01:08 | comments(1) | - | pookmark |

明日 街が晴れたなら 僕は傘を畳んで 深緑の服を着て 君に伝えに行こうかな

6月はどんな月といわれると、梅雨と答えるしかない。
あなたに、To You と。。。

さておき、長らく使っていたPCのウーハーが壊れた。

うーわー。

これも何かの思し召し。
新しいのに買い換える。
そして、浄水器を買う。
もう、テライヨンとかいいし。
ブリタ先生ですよ、ここは。
歳のせいか、冷たい水を別に飲まなくてもいい。
常温の水が一番ここちいい。
そんな感じで、今年は水筒ダンシを目指そうと思う。
まずはかわいい水筒を。

そして、コーヒーメーカーを買おうと思う。
そんな週末はボーナス。
早いものだ。

毎年の戒めにしよう。
もらって当たり前では、ない。

つらつらと書くが、今日の朝に友人からメールが。
何かと思えば、すごく嫌な話。

不幸な話は好きだが、もちろん好きだが。

ただ、ある種の不幸話にこっちまで嫌悪感を抱くようになった。
大人になったものだ。

もうそろそろ、自覚しよう。
人間は不平等だ。
いくら仏教徒の僕でも、一つ信じられない、
突き抜けられない点がある。
それは因果応報。
因果は自分に返ってはこない。

むしろ僕の心情的にはイワンが大審問官の前に話した内容に帰依する
つまり、きわめて平等な世の中など到底くるわけが無く、
人間は生まれながらにして不平等である。
そんな中で、大団円とは何か?
現在という時間を区切って訪れるものなのか。
そんなはずはない。
すべての事象は一時的で、大団円などというものは
永遠に訪れはしないのだと。

世の中は無常なのだと。

それでもなお、無常自体が悪とか、
悲哀をあらわすことではないことを考えておきたい。

さて、本題に戻るがその人は強い人で
何とか乗り越えられることを切に願います。


「君は僕じゃないのに」
フジファブリック

| 日記 | 00:13 | comments(0) | - | pookmark |

女になった私が売るのは自分だけで

 ようやくゆっくり出来る。
先週は友人の結婚式。
一体何人の結婚式に行けばいいのやら。
本当にめでたいことばっかりだ。

いつもは愚痴ばっかり言ってる友人が
その日はやはり輝いていて。
こいつやっぱすげぇやと改めて思った。

なんてか、昔は聞く耳持たなかったえらいさんの話も
「あぁこういう言葉選び、挨拶の運びかぁ」と妙に聞き入ってしまう。
いいこと言うし、ちょいちょいはさむ冗談もうまい。
歳をとったってのもある。
今後の参考に・・・

する必要ないか。

味覚も少し変わった気がする。
ああいった場のゴハンがうまいと感じるようになった。
前は絶対思わなかった。

メシ原理主義というか、うまいものは簡単で
手のかからないものと思ってたけど、色々と凝った料理もうまいもんだ。

ただ、シチューのコスパ、うまさは群を抜いているがな。


「歌舞伎町の女王」
椎名林檎,亀田誠治,川村“キリスト”智康係長,森“グリッサンド”俊之本部長

| 日記 | 01:15 | comments(0) | - | pookmark |

現実逃避

 リハビリ中である。
何の?と聞かれると、もちろん文章を書くことのである。
ドロっとしたアルコールを飲んで胃がキューっとなる。

「自傷行為とは、他人を傷つける行為だ」
と言ったのは誰だっけ?

僕かもしれない。

「生きることへの省エネであり、今は輪番停電のときなの」
って言ったのは誰だっけ?

僕かもしれない。

色んな人に出会って、色んな会話をして。
僕が他人に望むことが大きい。
一方で、僕は他人に望まれても何もしてあげられない。

せめてゴミ掃除でもしようと思う。
とても、深い意味で。

人との距離感が良くわからない。
あれはダメ、これはいい。
主観を持つしかない人間のエゴかと。

そんなわけでGWに沖縄に行ってきた。
話す機会を逃したので今日はこの辺にしておこう。


最近のお気に入り。
「drifting in a daydream」
| 日記 | 00:43 | comments(0) | - | pookmark |

はずしの美学

 良い文章を読んだ。
はずしの美学とでもいいましょうか。
真面目な話、言いたいことを淡々と言って最後にはずす。
昭和最後の人間の育ってきたアイデンティティ。
根性、努力で何とかする時代じゃなく、
真剣に頑張ってスルっと最後はかわしておく。
自分が傷つかず、人を傷つけない生き方。

言葉の重要性を知りつつ、言葉が何の意味も無いことを
肌で感じ取っている世代。
世代というマジョリティの話は言いとして
そう思っている僕。

危険な世界にいる人間には安全な世界にいる人の言葉は伝わらない。
安全な世界にいる人間には危険な世界にいる人の言葉はわからない。
コミュニケーションの限界。

つまりは他人を理解する上で欠かせないのは、状況、状態だが。
それすら飛び越えて、コミュニケートしたいと思うこと。
そしてそれを実行すること。

それが、ボランティアという言葉で表され、
それが、愛という言葉を借りている。

つまりはその現象を僕は大切にする。

「虹色バス」
| 日記 | 22:44 | comments(0) | - | pookmark |

東に病気の子供あれば、行って看病してやり

 「あっ」ちゅーまに仕事し始めて6年がたちました。
僕が仕事始めた頃に小学生だった子は多分中学生になっています。
僕のしごとっぷりが中学生レベルだということは
抜きにしても、早いものです。

今年の桜は少し遅めでしたが、先日無事に万博記念公園で花見をしました。
ふと、近所の桜も見ましたけれども。
未だ少し寒いですが、春先の桜はきれいくて。

僕は色々ある桜の中で、ソメイヨシノが一番好きです。
多分、桜ってこーゆーのだよね、
ってのがソメイヨシノです。

来年も元気に咲いてください。


さて、少し話は変わりますが、
先日知人と話していて、ふと宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の話になりました。
雨ニモマケズで始まり、そういうものにわたしはなりたい
で終わる、非常に秀逸な詩です。

知人はあの詩は四合くらいご飯食べるんだよって言ってはばかりません。

いやいや、うる覚えながら、貧しさと隣人愛の詩だった
と記憶していた僕としては、四合はないって。
いくらなんでも食べすぎだって。
なーんて反論してしまいました。

四合は一日に食べれな・・・

うわぁ、賢治さん食べてるや。

ジェネレーションギャップを感じる今日この頃。

「π」
| 日記 | 00:33 | comments(0) | - | pookmark |

心機一転 何もかも春は

 三連休も終わり、また大人になりました。
春先だってのに寒い日が続きます。

最近宇宙に興味があってつらつらとウィキペディアを眺めていると
なぜか、相対性理論になり、なぜか、アインシュタインの人生になり、
アメリカになり、イギリスになり。
気づけばもう、英国王のスピーチでした。

そんなわけで、英国王のスピーチを見ましたよ。
2時間かけて、

吃音の人が、


しゃべる!


そんな映画だったと思います。
時代背景や、友人との関係性、悩みなど描かれておりますが、
もう少しどれかを深堀してくれたら感情移入しやすかったと思いました。
シェイクスピアが出てくる辺りがイギリスを感じます。
劇中で印象的だったのはやっぱ、フィガロの結婚。
ショーシャンクでも使われたこの曲はやっぱ印象に残ります。


どうでもいいですが、漫画で宇宙の話といえばそう、

「ドラえもん のび太の宇宙小戦争」は小さい頃に読んだ話で。

「プラネテス」「moonlight mile」「宇宙兄弟」です。
どれもこれも宇宙が舞台ですが、関わり方が少しずつ違っていて面白いです。



「music」
フジファブリック

| 日記 | 06:22 | comments(0) | - | pookmark |

光の画家

 クロードモネを壁紙にしてみた。
モネは睡蓮の絵が有名で。
地中美術館にあったモネを見たときに好きになりました。

東北地方に住んでいらっしゃる方が
本当にどうしようもない災害に見舞われてます。
大人になった自分に何が出来るか
本当に小さいことでもいいのでしていきたいと思ってます。
歌を歌える人は歌って
絵をかける人は絵を描いて。
祈れる人は祈ってます。
ご冥福を祈るとともに
災厄にくじけることなく
たくましく笑顔で生きてください。
笑顔に勝てるものを僕は知りませんから。

「オーダーメイド」
| 日記 | 23:18 | comments(0) | - | pookmark |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Recommend
Recommend
Recommend
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262) (JUGEMレビュー »)
カート・ヴォネガット・ジュニア
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Sponsored links
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM