スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

グングニル

評価:
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
トイズファクトリー
¥ 2,190
(2004-04-28)

大学入って地元の友達と夏休みによく聞いた。
若かりし頃の思い出。
いっぱいパワーもらった。
このアルバムでBUMP好きになって
ダイヤモンドで悶絶した。
「K」と「グングニル」は有名だけど
何気に「Lily」がよかったりする。
はずれなしで遊び心満点のアルバム。


ところが君は笑った
幸せそうに笑った
当然僕は怒った
真面目の聞けよって怒鳴り散らした

1.Opening
2.グングニル
3.ベストピクチャー
4.続・くだらない唄
5.LAMP
6.K
7.リリィ
8.Ever lasting lie
9.グロリアスレボリューション
10.Ending
| アルバム | 23:57 | comments(0) | - | pookmark |

白日

評価:
GRAPEVINE,GRAPEVINE,田中和将,金延幸子,根岸貴幸
ポニーキャニオン
¥ 1,826
(1999-05-19)

最近のアルバムはウォッチしていないけれども
確実に聞き込んだアルバム。
グレイプバイン。
なんでも、マービン・ゲイのI Heard It Through The Grapevine
という曲から来てるらしい。「よくない噂」とのこと。

大学に入った夏休みにすげぇよく聞いた。
これがあればご飯いらないくらいだった。
「スロウ」「光について」「白日」
全部シングルだけど、今聞いても素敵。
白日はギターのいい音が聞けるから好き。
どっかで聞いたことあるなんて思わない思わない。
このアルバムにあの頃出会ってよかった。

素晴らしき迷路に舞うメッセージ
見とれては消えた〜

1.いけすかない
2.スロウ
3.SUN
4.光について
5.RUBBERGIRL
6.Lifework
7. 25
8.青い魚
9.RUGGERGIRL No.8
10.白日
11.大人
12.望みの彼方
13.HOPE


| アルバム | 19:11 | comments(0) | - | pookmark |

ばらの花

評価:
くるり
ビクターエンタテインメント
¥ 2,150
(2008-02-20)

くるりです。
やっぱくるりです。
上島の竜ちゃんはくるりんぱです。
くるり、最初は暗い曲を作るなぁって思ってたけど、徐々に考え方が変わった。
非常に厚みの人たち。
Philharmonic or dieはくるりのライブアルバム。
「コンチネンタル」「ばらの花」「東京」
「ブレーメン」「WORLD'S END SUPERNOVA」
あげたらきりがない名曲ぞろい、粒ぞろい。
ライブアルバムだから、なんてゆーか
普通のアルバムより空間がある。
軟らかい音楽、硬い音楽その二つが絶妙すぎる。
どっち聞いてても、このテンションは泣けるぁ。
といっても、このアルバム自体はまだ聞き込んでないんだな。
タイトルの「Philharmonic or die」を少し調べてみると
色んな訳し方があると思うけど、「音楽を愛するか、それとも死ぬか」
というのでいいと思う、たぶん。

安心な僕らは旅にでようぜ
思いっきり泣いたり笑ったりしようぜ


パシフィコ横浜

1.ハイリゲンシュタッド
2.ブレーメン
3.GUILTY
4.恋人の時計
5.コンチネンタル
6.春風
7.さよなら春の日
8.惑星づくり
9.ARMY
10.アナーキー・イン・ザ・ムジーク
11.WORLD'S END SUPERNOVA
12.ジュビリー
京都磔磔
1.夜行列車と烏瓜
2.青い空
3.すけべな女の子
4.帰り道
5.ハイウェイ
6.アナーキー・イン・ザ・ムジーク
7.ばらの花
8.宿はなし
9.東京
10.モノノケ姫


| アルバム | 04:01 | comments(0) | - | pookmark |

Beats Laments the World

評価:
Nujabes
インディーズ・メーカー
¥ 2,348
(2003-08-21)

 JazzyHipHopといえば・・・
なんて日常会話はほとんどしないのだけれども。
nujabesもかれこれ5年以上お世話になっている、プラチナディスク。

ジャズとヒップホップの融合?
ジャジーなヒップホップって何だ?って話ですが、
ピアノの音と、心地いい音楽がしみわたります。
ジャカジャカしたヒップホップではなく、
しっとりとしたヒップホップ。
テンションをあげるためというよりは
落ち着きを取り戻すために聴く。

「Beats Laments the World」と「A day by atmosphere supreme」
「F.I.L.O. feat Shing02」がオススメ。
でもBeats laments the worldって
「ビートは世界を嘆く」ってこと・・・・
暗いぜ、俺。


1.Blessing' It Feat. Substantial & Pase Rock From Five Deez
2.Horn In The Middle
3.Lady Brown Feat. Cise Starr (Cyne)
4.Kumomi
5.High 2 Lows Feat.Cise Starr (Cyne)
6.Beat Lament The World
7.Letter From Yokosuka
8.Think Different Feat.Substantial
9.Supreme Atmosphere
10.Next View Feat.Uyama Hiroto
11.Latitude Remix Feat.Five Deez
12.F.I.L.O. Feat.Shing02
13.Summer Gypsy
14.Final View
15.Peaceland
| アルバム | 12:18 | comments(0) | - | pookmark |

me me she

評価:
RADWIMPS,野田洋次郎
EMIミュージック・ジャパン
¥ 2,261
(2006-12-06)

 暇だから。
少しアルバムレビューでも書こうと思う。
最初に書きたいのはもちろんこれ。
ここ数年お世話になりっぱなしのアルバム。

センチメンリズム、過大な愛情表現、夢物語
この世界には愛する人と自分以外に
登場人物はいないって言うテーマ性を感じる。
すべての曲が好き。
特によく聞いたのがシングルでも出てた「ふたりごと」
それから「me me she」
me me sheって、めめしいってことなんだけど
ホントにめめしい。
曲調で言えば「僕がたとえば他の人を〜♪」
ってあたりの切なさがいいと思う。
そんな世界には生きていないけど。

1.ふたりごと 一生に一度のワープ ver.
2.ギミギミック
3.05410‐(ん)
4.me me she
5.有心論
6.遠恋
7.セツナレンサ
8.いいんですか?
9.指切りげんまん
10.傘拍子
11.ます。
12.夢番地
13.バグッバイ

| アルバム | 00:26 | comments(0) | - | pookmark |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Recommend
Recommend
Recommend
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262) (JUGEMレビュー »)
カート・ヴォネガット・ジュニア
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Sponsored links
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM