スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

モーターサイクル

 「きみたちはとうとう愛しあうことができたんだね」とサロ。
「たった一地球年前のことだった」とコンスタント。「おれたちはそれだけ長いあいだかかってやっと気づいたんだよ。人生の目的は、どこのだれがそれを操っているにしろ、手近にいて愛されるのを待っている誰かを愛することだ、と」
「もし、きみか、それとも息子さんが地球へ帰りたがっているのなら」サロは言った。
「わたしにとってはたいした回り道じゃないんだがね」
「息子はつぐみの仲間にはいったよ」」

本文より


なんせ、このあらすじを人に説明するのが難しい。
途中まで話して、ん?何の話だっけ?ってなる。
が、非常に面白かった。
続きを読む >>
| | 09:19 | comments(0) | - | pookmark |

あやとり

 モナは笑いながら、のんびりした足どりで石化した群集の中を歩いてゆく。やがて傾斜の途中で立ちどまり、こちらを見た。わたしに呼びかけた。「もしできるんだったら、この人たちを生きかえらせたいと思う?早く答えなさい。
だめ、答えが遅すぎるわ」三十秒ほどしたところで、愉快そうに言った。そして、まだかすかに笑いながら地面に指をつけると、身体をおこし、指を唇にあてて死んだ。

本文より


ヴォネガットを読んでみた。
僕の読書はアメリカ⇒ロシア⇒ちょっとイギリス文学、繰り返す。
で成り立っている。
特にロシアが多いというか、ページ数なら断トツ。
さて、SFちっくなあやとりの話でも。
続きを読む >>
| | 13:28 | comments(0) | - | pookmark |

大いなるディケンズ

 スクルージはちらっと幽霊のほうを見た。幽霊のゆるぎない手は死体の頭を指していた。顔覆いはいかにもぞんざいにかけてあるのでスクルージが指1本動かせば分けなく顔があらわれるのだった。彼はそう思うといかにもたやすいことに感じ、そうしたくてたまらなかった。

本文より


ディケンズがいいというより、お気に入りの作家がディケンズを引用するから。。。
というわけで、なんだかんだ言って二都物語、大いなる遺産に続きディケンズ3作目を読破。(短いからよみやすい)
続きを読む >>
| | 13:17 | comments(0) | - | pookmark |

メリル

 好きなことはいろいろあるけれど、フレッド・ボーガス・トランパーが特に気に入っているのは、糖尿病患者メリル・オーヴァーターフのことを思い出すことである。なかでもとりわけアイオワ時代のトランパーは、オーヴァーターフをめぐってあれこれ回想することを楽しんだ。オーヴァーターフという人間の一部が、テープに録音された声として存在していることも、回想を正確にする上で役にたった。

本文より
続きを読む >>
| | 00:27 | comments(0) | - | pookmark |

3月はよかった

 3月のライオン最新刊。
何だかこういう主人公の話ばっかり読んでいる気がする。
世間とコミュニケートできず、もがくような。
でもまぁ、それはそれか。
さて、3月のライオンは棋士の話なんですが、
ハチワンとはまた違った香ばしさがある。
中学生でプロになって高校生の現在を描いている。
ふと、気になって棋士の年収を調べてみた。
いやいや、どうして。
ピラミッドの頂点は当然いいけど、
ピラミッドのしたでも十分いい。
くぅ〜高校生のクセに。


| | 00:56 | comments(0) | - | pookmark |

浅野さん

 というわけで、ソラニンを見に行きたい。
思わず浅野いにお特集してたのでダヴィンチを買ってみた。
唯一買う雑誌。
ほぼ雑誌なんて買わないけど、年イチくらいで買ったりする。
なんというか、漫画ではなく、
画集だったりインタビューだったりした「Ctrl+T」
ぼかぁ、漫画が読みたいんです。


| | 00:51 | comments(0) | - | pookmark |

寝る

 「君は、どっちへ行くつもりだ?」
「君の行くほうへだよ」彼は薄笑いを浮かべた。
「僕は家へ帰るんだがね」
「じゃ、一緒に言って、煙草でも一服やらしてもらおう」
「それは、君、こっちから来いとでも言ったときのことだよ」僕は、冷ややかに言い返した。
「そりゃ、言ってもらえる見込みでもあるなら、僕だって待つがね」
「君、あの無効の壁が見えるかい?」と、僕は、前方を指しながら言った。
「見えるよ」
「それじゃ、これも見えてるはずだと思うがねえ、もう君とのお付合いは、まっぴらだと思ってることくらい?」
「まあそんなところだろうとは思っていたがね」


「月と6ペンス」サマセット・モーム


 最近というか、前からだけれども
映画を全部起きてみることが出来ない。
暗闇になると条件反射で眠くなるのか、はたまた映画の冒頭は進み具合が悪いからか、
よく寝る。たぶん最近見た映画のほぼ全部くらい。
続きを読む >>
| | 02:00 | comments(0) | - | pookmark |

オンデマンドと、情報インフラの発達。

 ウォーリングフォードには二つのことが明らかだった。この結婚は救いようがない。救いたいとも思わない。もともとパトリックは女には逆らわないのだ。「誰なのよ」と、また妻が絶叫したが、ウォーリングフォードは自分で答えを言おうとはせず、ドイツ娘の口元に受話器を寄せた。
彼女のブロンドの髪を払いのけて、ささやく。「名前を言ってやれよ」
「kのつく・・・モニカ」とドイツ娘が電話に言った。
ウォーリングフォードは電話を切った。


「第四の手」ジョン・アーヴィング


コンスタントに海外作品が文庫になるのはホントにありがたい。
今まで読んだことある人に出会ったことがないけど、アーヴィングの作品は
コンスタントに文庫化される。新潮文庫のガッツに感謝したい。
続きを読む >>
| | 01:26 | comments(0) | - | pookmark |

J.D.サリンジャーに捧ぐ

 もちろん今では、その時彼女に向かってどんな風に話かけるべきであったのか、僕にはちゃんとわかっている。しかし、なんにしてもあまりに長い台詞だから、きっと上手くはしゃべれなかったに違いない。このように、僕が思いつくことはいつも実用的ではないのだ。
とにかくその台詞は「昔々」で始まり、「悲しい話だと思いませんか」で終わる。

「カンガルー日和 〜4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて〜」村上春樹


人はいつか死ぬ。
死に方が人を決めるわけではなく、生き方が人を決める。
ニュースを聞いたとき、ライ麦畑を借りて読んだときを思い出した。
ホールデンはいつまでも子供だけど、作者は歳をとる。
色んなものを世の中にのこして。

少し時間があいたからブログを更新がてらリハビリでも。
続きを読む >>
| | 00:17 | comments(0) | - | pookmark |

まほろ駅前多田便利軒

 「おまえの母親は」
と多田は考えを述べた。「おまえを無視しているわけじゃない。ただ、おまえが期待するのとは興味のありかがちょっとずれてるだけだ」
由良は黙って軽トラックから外に出た。エレベーターのなかでも、三人とも押し黙ったままだった。
玄関の鍵を開ける由良の手もとを、多田はじっと見ていた。そして言った。
「由良公。おまえはあのアニメを、ハッピーエンドだと思うか?」
「思わないよ」
由良は振り返った。「だって死んじゃうじゃないか」
「オレも思わない」
多田は由良のまえにしゃがんだ。「死んだら全部終わりだからな」
「生きてればやり直せるっていいたいの?」
由良は馬鹿にしたような笑みを浮かべてみせた。
「いや。やり直せることなんかほとんどない」
多田は目を伏せた。行天が後ろで冷たい部分を抱え、自分たちを眺めているのを感じた。多田はまた目線を上げ、由良をまっすぐに見据えた。
「いくら期待しても、おまえの親が、おまえの望む形で愛してくれることはないだろう」
「そうだろうね」

本文より

三浦しをんを初めて読んだ。
すらすら読めるぜぃ。
でも、読めることと内容を噛み砕くことは違うのかもね。
続きを読む >>
| | 23:26 | comments(0) | - | pookmark |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Recommend
Recommend
Recommend
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262) (JUGEMレビュー »)
カート・ヴォネガット・ジュニア
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Sponsored links
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM