スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< まめ | main | そー言えば >>

青いもん

恋の門 スペシャル・エディション (通常版)
恋の門 スペシャル・エディション (通常版)

最近感知式信号にドットの掲示が出てる。
ドットのおかげで感知センサーに引っかかってるのか引っかかってないのかわかりやすい。

恋の門を見た。
松田龍平くんは青い春のときから好きになった。
カッコイイっていうか雰囲気持ってる。

監督が松尾スズキだし、主演も好きだから期待してみた。
オープニングのAsian dubがかっこよかったし、個性的なキャラも良かったと思う。
でも、最後に転がるあたりで、どうしてあーゆーのにしたのか残念だった。
転がらなくても良かったと思う。

酒井若菜さんはかわいかった。
部屋でなんかの話をしてて、目をぱちくりしてるシーンが妙にかわいかった。

なんか、すごく、恋がしたいと思う。

サンボマスターはやヴぁいくらいかっこよかった。
ちなみに僕はジットの「狭き門」って本がすごくすきだ。
| 映画 | 21:02 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 21:02 | - | - | pookmark |
Comment
あぁ、先に見られてしまったか。
酒井若菜は最高にきゃわいいと思う。
先週のスピリッツは、酒井若菜が見たいがために購入したし。
松田龍平も雰囲気と目が好き。

だから、仕事がひと段落したら見ようと思いますがな。

ちなみに、ボクは「羅生門」がいいとおもう。
が、一度も読んだことはありませぬ。
2005/07/07 1:13 AM, from かふぇ









Trackback
url: http://equinox.jugem.cc/trackback/190

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Recommend
Recommend
Recommend
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262) (JUGEMレビュー »)
カート・ヴォネガット・ジュニア
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Sponsored links
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM