スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< ふと | main | そんなことが好きです。 >>

メリル

 好きなことはいろいろあるけれど、フレッド・ボーガス・トランパーが特に気に入っているのは、糖尿病患者メリル・オーヴァーターフのことを思い出すことである。なかでもとりわけアイオワ時代のトランパーは、オーヴァーターフをめぐってあれこれ回想することを楽しんだ。オーヴァーターフという人間の一部が、テープに録音された声として存在していることも、回想を正確にする上で役にたった。

本文より
 アーヴィング初期の頃の作品。
中古で探してゲットしました。

アーヴィングの作品には多くの身体的に特長のある人が出てくる。
この主人公は泌尿器に問題が。

今はまだ下巻の途中なんだけど、意外と好きな作品かも。

妻と離婚して恋人と暮らす主人公と、主人公の別れた妻との昔話と、
主人公が翻訳した?古代語の小説と、主人公をモデルにした映画。
そんな話が交錯しながら進んでいく。

何も決められず、いつも誰かを怒らせているような主人公
何だか共感します。

そして結末がきになります。


アーヴィング作品には
クマ、ウィーン、レスリングがよく出てくる。
この作品もウィーンとレスリングが出てくる。
またかと思うときもあれば、効果的に効くときもある。
どこかしら体に問題がある主人公とウィットなジョークで
あと少しの時間僕を楽しませてください。
| | 00:27 | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 00:27 | - | - | pookmark |
Comment










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Recommend
Recommend
Recommend
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262) (JUGEMレビュー »)
カート・ヴォネガット・ジュニア
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Sponsored links
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM