スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 恋の終わりはいつも人を優しくする | main | 万物が廻り廻る >>

何もないあなたと 何もないわたし

 ふと午前中仕事をしていると見慣れない人が。
誰だろう?と首をかしげて仕事しつつ。
同期から珍しく電話があり。

「なにしてるの?おいでよ」と

見慣れた風景の中に知らない人がいるとびっくりする。
同期がうちの部署に装置をカリにきました。

うちの部署には入社当時から思ってたんだけど
その同期にそっくりな人がいる。

「やばい、あの二人は出会ってしまった?」
なんて、何がヤバイのかよくわからないことを考えている間に
同期は案の定何人かに間違えられたらしい。

久しぶりに会ったけど相変わらずな感じ。
「奥さん元気?」って聞くと、「二人になった」って。

目の前と後ろにいるんだって。

こぇえよ!

なんてたわいもない話を、だけども職場なので小声で話す今日この頃。

「NAI」
| 日記 | 23:59 | comments(1) | - | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 23:59 | - | - | pookmark |
Comment
どうも〜
新年あけましておめでとうございます。
年明け早々、嫁は3人になったそうです。
とても同一人物とは思えません。
2011/01/06 9:38 PM, from むむむ










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Recommend
Recommend
Recommend
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262) (JUGEMレビュー »)
カート・ヴォネガット・ジュニア
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Sponsored links
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM