スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 心機一転 何もかも春は | main | はずしの美学 >>

東に病気の子供あれば、行って看病してやり

 「あっ」ちゅーまに仕事し始めて6年がたちました。
僕が仕事始めた頃に小学生だった子は多分中学生になっています。
僕のしごとっぷりが中学生レベルだということは
抜きにしても、早いものです。

今年の桜は少し遅めでしたが、先日無事に万博記念公園で花見をしました。
ふと、近所の桜も見ましたけれども。
未だ少し寒いですが、春先の桜はきれいくて。

僕は色々ある桜の中で、ソメイヨシノが一番好きです。
多分、桜ってこーゆーのだよね、
ってのがソメイヨシノです。

来年も元気に咲いてください。


さて、少し話は変わりますが、
先日知人と話していて、ふと宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の話になりました。
雨ニモマケズで始まり、そういうものにわたしはなりたい
で終わる、非常に秀逸な詩です。

知人はあの詩は四合くらいご飯食べるんだよって言ってはばかりません。

いやいや、うる覚えながら、貧しさと隣人愛の詩だった
と記憶していた僕としては、四合はないって。
いくらなんでも食べすぎだって。
なーんて反論してしまいました。

四合は一日に食べれな・・・

うわぁ、賢治さん食べてるや。

ジェネレーションギャップを感じる今日この頃。

「π」
| 日記 | 00:33 | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 00:33 | - | - | pookmark |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Recommend
Recommend
Recommend
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262) (JUGEMレビュー »)
カート・ヴォネガット・ジュニア
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Sponsored links
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM