スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 女になった私が売るのは自分だけで | main | 悟り >>

明日 街が晴れたなら 僕は傘を畳んで 深緑の服を着て 君に伝えに行こうかな

6月はどんな月といわれると、梅雨と答えるしかない。
あなたに、To You と。。。

さておき、長らく使っていたPCのウーハーが壊れた。

うーわー。

これも何かの思し召し。
新しいのに買い換える。
そして、浄水器を買う。
もう、テライヨンとかいいし。
ブリタ先生ですよ、ここは。
歳のせいか、冷たい水を別に飲まなくてもいい。
常温の水が一番ここちいい。
そんな感じで、今年は水筒ダンシを目指そうと思う。
まずはかわいい水筒を。

そして、コーヒーメーカーを買おうと思う。
そんな週末はボーナス。
早いものだ。

毎年の戒めにしよう。
もらって当たり前では、ない。

つらつらと書くが、今日の朝に友人からメールが。
何かと思えば、すごく嫌な話。

不幸な話は好きだが、もちろん好きだが。

ただ、ある種の不幸話にこっちまで嫌悪感を抱くようになった。
大人になったものだ。

もうそろそろ、自覚しよう。
人間は不平等だ。
いくら仏教徒の僕でも、一つ信じられない、
突き抜けられない点がある。
それは因果応報。
因果は自分に返ってはこない。

むしろ僕の心情的にはイワンが大審問官の前に話した内容に帰依する
つまり、きわめて平等な世の中など到底くるわけが無く、
人間は生まれながらにして不平等である。
そんな中で、大団円とは何か?
現在という時間を区切って訪れるものなのか。
そんなはずはない。
すべての事象は一時的で、大団円などというものは
永遠に訪れはしないのだと。

世の中は無常なのだと。

それでもなお、無常自体が悪とか、
悲哀をあらわすことではないことを考えておきたい。

さて、本題に戻るがその人は強い人で
何とか乗り越えられることを切に願います。


「君は僕じゃないのに」
フジファブリック

| 日記 | 00:13 | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 00:13 | - | - | pookmark |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Recommend
Recommend
Recommend
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262) (JUGEMレビュー »)
カート・ヴォネガット・ジュニア
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Sponsored links
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM